採用ぶった切り

採用に関わる全ての悩める人たちのために。マーケターと求人広告ライターがタッグを組み、採用市場をぶった切る!

理系は説明で納得し、体育会系は態度で納得する。

 

 

 

 

 

 

理系の人は本当に、取材〜制作がしやすい。

 

 

 

 

 

 

なぜなら、合理的だから。

 

 

 

 

 

 

合理的に質問すれば、合理的に返してくれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

質問される時も合理的で、合理的に返せば納得する。

 

 

 

 

 

 

理系が質問するときは、知りたいことを知るために質問してくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


それに対して体育会系の厄介さよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


体育会系の質問は、基本的に質問ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜなら、体育会系の文化の中で質問する瞬間は、怒る瞬間だからです。

 

 

 

 

 

 

 


部活で、顧問に質問される瞬間を思い出してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「なんでできないん?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「なんで遅れたん?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「なんで喋ってるん?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


これに対して、「すみません‥」以外で返したことがありますか?

 

 

 

 

 

 

 


逆に、

 

 

 

レム睡眠とノンレム睡眠の周期を把握しておらず、そもそも人間の睡眠や意識というのは科学的に不明瞭な部分が多く、遅刻した理由については複合的な要因が考えられるため、一概には解答できない」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


みたいなことを言ってみようもんなら、ブチ切れです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、質問に対していくら合理的に返事をしても、意味がない。

 

 

 

 

 

 

 


理系は説明で納得し、体育会系は態度で納得する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


これは覚えておいた方がいいです。

タクシードライバー=おっさんの常識はどこからきたのか?

 

 

 

 

 

 

 

男性の方が運転が上手いから、男性が多いのはわかる。

 

 

 

 

 

 

でも、なぜ就職先がないおっさんの最終就職先というイメージなのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あとなぜ、キャビンアテンダント若い女性なのかもわからない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この辺は、全く合理的な理由がわからない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


保育士が女の人なのは分かる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


新幹線の売り子が女の人なのも分かる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土方が男性なのも分かる。

 

 

 

 


タピオカティーの店員が若い女性なのも分かる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

合理的に性別、年齢の適切があるから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タクシーは別に若くてもよくね?

 

 

 

 

 

 

 


キャビンアテンダントはおっさんでもよくね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この発想の転換で、塗装屋を芸大卒の若い女の子がアーティスティックにやってるって話がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


常識を疑うことって、大事なのかもしれない。

なぜ制作が手を抜くか分かるか?

 

 

 

 

 

 

 

 


それは客と営業が手を抜いているからです。

 

 

 

 

 

 

納期がタイトとか、情報が少ないとか、依頼が雑とか、

 

 

 

 

 

 

 


これは明らかに、客と営業の手抜き。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そりゃあ、色々事情はあるでしょうが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁこっちからしたら、知りませんわって話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手を抜いている状態で依頼が来てることに変わりはない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それで、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


こっちが手を抜いてるとか、誤字脱字があるとか、効果が悪いとか

 

 

 

 

 

 

 


どの口が言うてるんですかねぇ?

 

 

 

 

 

 

早く走ったら事故も起きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事故が起きる状態をつくったのだから、事故を受け入れるべきです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イラレができる=デザインできるではないしCADが使える=設計できるではない。

 

 

 

 

当たり前なんですけどね。

 

 

 

 

これは求人やってる人がよく陥りがちな勘違いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

Wardの使い方を知ってる人が、全員芥川賞取れるわけではないし

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


みじん切りがめっちゃ上手い人が、美味しい料理を作れるとは限らないのと同じ。

 

 

 

 

 

 

 


なぜこんな勘違いが起きるのかは、3つ理由があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1.ゼロイチ思考。

できるか、できないか、しか考えられなくて、その間のグラデーションを理解できない。

 

 

 

 


2.資格信仰。

「資格がある=できる」の延長線上に、「イラレ使える=デザインできる」という考えがある。

 

 

 

 


3.クリエイティブに正解を求めること。

訓練を積めば誰しもがたどり着く正解があると思っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この3つの思考のせいで、こんな勘違いが起きています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これじゃ、企業のクリエイターと話が噛み合わなくて当然です。

 

 

 

 

 

 

 


でも、変に業界歴長いと営業力があるから、有耶無耶のまま話を進めたりします。

 

 

 

 

 

 

 


で、結果よくわからないことになる‥と。

 

 

 

 

 

 

 


業界の人は、もうちょっと仕事のことをちゃんと見つめるといいかもね。

 

 

 

 

 

 

求人広告にはSEO対策の考えを持ち込むべきなのか?

 

 

 

 

 

 

 

 


indeedのこともありますし、Googleにも引っかかりますし、

 

 

 

 

 

 

 


ある程度、ツールとして知っておくべきかなぁとは思うのですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕、SEO対策という考え方が、あまり好きじゃないんですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


SEO対策をするのって、マナー講座を受けることに似ているなぁと思っていて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マナーって本来、思いやりの先にある、思いやりを効率的に具現化できるものであるはずなのに、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


思いやりのことを考えずに、マナーの方法論だけを学んでしまえば、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「マナー守っとけばいいんだろ」的な考えを持つ、思いやりのない人間が生まれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


SEO対策ってのも同じだと思っていて、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分かりやすくて、いい情報が詰まっているサイトをつくれば、上位に表示されて多くの人に見てもらえるというものなわけで、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


SEO対策とか言って、ルールの抜け穴ばかりを探すような小手先のテクニックをありがたがって学んでしまえば、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SEOばかり意識した思いやりのないサイトが生まれるはず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ある程度ね、スパイスとして発送を取り入れるのはアリだと思いますが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


まずいい情報を、分かりやすく発信することを考えればいいんじゃね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


と思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


SEOを学ぶのはそのあと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という理屈で、僕は全く勉強していません笑

ブラック企業は空想の世界にしか存在しないのか?

 

 

 

 

 

 

 

求人広告によくあるアプローチとして、

 

 

 

 

 

 

「以前はブラック企業で消耗していたけど、今は転職してハッピー♩」

 

 

 

 

 

 

 


というのがあります。

 

 

 

 

 

 

 


かくいう僕もよく使う手法なのですが、このアプローチに僅かながら違和感を覚えていました。

 

 

 

 

 

 

 


その正体がいま、やっとわかりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


そのブラック企業の求人が、転職サイトには一切載っていないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「残業しまくりですが給料超やすいよ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


っていうメッセージを、見たことがありますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ないですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


そりゃあ、自社のことを悪くいう訳がありませんから、当然と言えば当然なのですが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれだけ転職者のエピソードに登場するブラック企業が、一切見当たらないことは、ちょっと気持ちが悪い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


あれと一緒です。

 

 

 

 

 

 

「女子グループならではのどろどろした人間関係、ワタシ嫌いなんだよねぇ」

 

 

 

 

 

 

 


って言う人に対して、

 

 

 

 

 

 

 


「わかる〜」

 

 

 

 

 

 

 


って言う人はいっぱいいるけど、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「私こそがどろどろした人間関係を作っている張本人です!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と言う人が1人もいないのと同じ現象です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


まぁ、だからなんだという話なのですが‥

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか気持ち悪いよね、って話です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わかる〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

働き方改革って言いますが、働くを悪者にしないでくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

エン転職のCMで流れる言葉です。

 

 

 

 

 

 

 


ぼくはこの言葉が好きです。

 

 

 

 

 

 

 


その理由は追って説明するとして‥

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


多くの求人広告は、

 

 

 

 

 

 

 


「働く=我慢」であり

 

 

 

 

 

 

 


「働くのはお金のために仕方なく」であり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「短い時間で、たくさん稼げればいい仕事」という前提のもと構成されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コスパ主義をつきつめた、いわゆる合理的経済人を想定しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


まぁ効率が大事というのは同意ですが、ぼくはこの考え方が嫌いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜなら、人は本来誰かの役に立てることが好きなのに、この考え方は実態と異なるものだと感じるからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


料理をする人なら実感すると思いますが、

 

 

 

 

 

 

 


誰かにご飯をご馳走してもらうことよりも、

 

 

 

 

 

 

 


自分の手料理を「おいしい!おいしい!」と食べてもらうことの方が喜びが大きくありませんか?

 

 

 

 

 

 

 


体育の授業で、でっかいマットを運ぶときに

 

 

 

 

 

 

側から眺めているだけ、あるいは手を添えているだけよりも、一生懸命に運ぶ方が楽しくないですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バーベキューの準備を誰かにしてもらうよりも、

 

 

 

 

 

 

 


自分で行動した方が気持ちよくないですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


褒めてもらえようが、褒めてもらえまいが

 

 

 

 

 

 

 


本来人間って、共同体に貢献したいと欲求を持っているはずなんです。

 

 

 

 

 

 

 


コスパ主義の合理的経済人というのは、この気持ちを無視したものだと言えます。

 

 

 

 

 

 

 


ですが、厄介なのは、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この考え方が広まるにつれて、多くの人は自分のことを合理的経済人であると勘違いしてしまっているということです。

 

 

 

 

 

 

 


その現状に対して、「働くを悪者にしないでくださいね」というのは、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


人々を労働の本質に振り返らせる、いい言葉だと感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから好きなんですよね。エンジャパン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別にブラック企業を礼賛しているのではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラック企業はだいたい、役に立たないものを売りつけたりすることで、成り立っている会社が多いですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

役に立つ事業をしていれば、売り上げもよくなって、社員に還元できるはず。

 

 

 

 

 

 

 


そして、人も集まり、ホワイト企業になっていくはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん、一概には言えませんが、僕が見た中では概ね間違っていないと感じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから仕事を探す人は、誰かの役に立てることを仕事とするべきだし、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


会社は、自社の利益の前を考える前に、誰かの役に立つ事業を始めるべきなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そりゃあ、持続性を考えれば、儲かるかどうかは大切ですが、役に立つ事業さえ初めてしまえば、あとはマネタイズは方法論にしか過ぎませんから

 

 

 

 

 

 

 


どうにでもなるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

‥というのは希望的観測ですが、

 

 

 

 

 

 

 


みんながこういう風に考えられれば、もっと世の中が良くなるのになぁと思うこの頃でした。